ストリートダンスを習いたいときはどこに通うべき?

ストリートダンスを習える場所にもいろいろあります(੭ु *´・ω・*)੭ु⁾⁾

大きく分けると

2種類あるかと思います。

  • フィットネスクラブ
  • ダンススクール

このそれぞれについて見ていきましょう╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

フィットネスクラブ

スポーツクラブやフィットネスクラブにおかれている種目の1つとして、多くの施設ではストリートダンスを教えているはずです。

最大のメリットは通いやすさですね╭( ・ㅂ・)و ̑̑ グッ

ショッピングモール内にテナントとして入っていたり、郊外にも店舗があったりして、ダンスを習う環境としては最も身近だと思います(`・ω・´)

あるいは、後述するダンススクールが近くになくて、選択肢としてスポーツクラブしかない、という場合もあるかと思います・・・。

デメリットはフィットネスのプログラムであるということです。

そのフィットネスクラブ系列独自のダンス系フィットネス種目というのもけっこうあるみたいなので・・・。

ダンスの基本をきちんと教えてくれるところなのか、ストリートダンスの要素を取り入れたフィットネス種目なのか、というポイントのチェックは必要です(੭ु *´・ω・*)੭ु⁾⁾

確認すべきポイント

まず最初に、そのダンス種目のコンセプトについて確認しておきましょう。

実際に行って受けてみないとわからないことも多いと思います。

また、フィットネスクラブは料金体系が複雑なことが多いので、こちらもあわせて確認しておいたほうがよいです(๑`・ᴗ・´๑)

ダンススクール

ダンスを専門に教えているスクールです。

(ここではストリートダンスの話をしているので、社交ダンスとかタップダンスとかの教室は除外します・・・)

スタジオが何室かあって、夜間を中心に60分や90分といった単位でレッスンが組まれています。

スケジュールが組まれていて「HIP HOP入門 ○○○○」という感じで各コマが割り当てられています。

メリットは自分に合うレッスンを選べることですね(`・ω・´)

例えばHIP HOPのクラスでもたくさんの種類があり、先生によってレッスンの内容は異なります。

漠然と「ヒップホップやりたい~」というよりも、もっとクリアーな目標を持っている方には、とても適しています(`・ω・´)

デメリットは基本的に都市部にしかないことと、休講・代講がわりと多いことです。

これはつらさがありますね・・・(´・ω・`)

確認すべきポイント

やりたいジャンルや方向性が明確な方は、レッスンを受ける前におすすめの先生を選んでもらうとよいかもしれません(特にHIP HOPを選択される方)。

ダンススクールあるあるで入門といいつつ全然入門じゃないことも多々あるので、そのレッスンのレベルが自分に合っているかどうかも実際に受けて確認しましょう。

そしてこれが最重要なのですが、休講・代講の情報を得る方法は必ず確認してください!

そうしないと行ってみて実は休講だったという悲しいことが起こります・・・(੭ु *´・ω・*)੭ु⁾⁾

基本姿勢として、休講や代講は日常的にある、という心持ちでいましょう(`・ω・´)

プロフィールかけぼ(ckbx_cakebox)

うたったりおどったりしよります(๑`・ᴗ・´๑)
音楽系サービスFrekulのエンジニアでもあります(。・ω・) 最近はラバノーテーション(ダンスの楽譜)にはまってます٩( ‘ω’ )و
踊ってみた動画はこちら → http://nico.ms/sm31776982

フォローする